ZOOMのMTR「R8」の使い方
※ブログテーマ入れ替え中につき、しばらく表示が乱れるかもしれません。ご了承ください。

ZOOMのR8は「オーディオインターフェース」「コントロールサーフェス」といったパソコン、DAWとの連携機能も充実したMTR。

R8を主にオーディオインターフェースとして活用されている方も多いと思いますが、もちろんMTRとしての機能も充実しています。

ただ、小さな筐体に機能を盛り沢山詰め込んだ分、少々使い方が複雑になっているのも事実。

慣れれば問題なく使えるものの、DAWに慣れた人にとっては、ちょっと頭の切り替えが必要なところもあります。

そこで今回は、ZOOM R8をMTRとして使用する際に、DAW脳の人が躓きやすい点にフォーカスして解説していこうと思います。

スポンサーリンク

R8のエフェクトの考え方

ZOOM R8に搭載されているエフェクトは、大きく分類すると「インサートエフェクト」「リバーブ」「コーラス/ディレイ」の3系統があります。

リバーブとコーラス/ディレイはセンドエフェクトとして使う

このうち「リバーブ」と「コーラス/ディレイ」については、センドエフェクトとして使用するもので、それぞれのエフェクトを各トラックにどのくらいの量掛けるのかを自由に設定することができます。

エフェクトのパッチや編集は「EFECT」ボタンから行い、各トラックのエフェクトの掛け具合(送る量)は「PAN/EQ」ボタンから個別に設定できます。

ここはちょっと気づきにくいかもしれませんね。

インサートエフェクトは同時に1種類しか使えない

ここがDAWとは大きく違うところ。

DAWの場合だと、パソコンの性能が許す限り、各トラックにいくらでもエフェクトを挿入することが可能ですが、R8では1度に1種類ずつしか使えません。

つまり、「1トラック目にコンプと掛けて、2トラック目にギターのアンプシミュレーションを掛けて、3トラック目にはディエッサーを入れてミックスダウン」といった使い方はできないのです。

録音済みの複数のトラックにインサートエフェクトを使いたい場合(エフェクトの後がけ)、対象のトラックにエフェクトを掛けて再生しながら、他のトラックに録音し直すという「バウンズ」の作業が必要になります。

インサートエフェクトの掛け録りは可能なので、できるだけ録音時にサウンドを作り込んでおいた方が楽ですね。

単体エフェクトはアルゴリズムに組み込まれている

ZOOM R8には多くのエフェクトが搭載されていますが、単体エフェクト(モジュール)として呼び出して使うのではなく、あらかじめ最適なエフェクトを直列に繋げたアルゴリズムになっています。

例えば「Mic」というアルゴリズムの中のエフェクトを「EDIT」で表示してみると

  • コンプレッサー
  • リミッター
  • フェイザー
  • トレモロ
  • ワウ
  • マイクプリアンプ
  • 3バンドEQ
  • エキサイター
  • ピッチ変更

といったエフェクトが並んでいます。

リミッターだけを使用したいという場合は、適当なアルゴリズムの「EDIT」の画面に入って、リミッターだけをONしてあげればOKです。

もちろんスレッショルドやレシオ、リリースなどの細かい調整も可能です。

スポンサーリンク

リズムマシンについて

リズム(ドラム)マシン機能の仕組みも少し分かりづらいですので、簡単に説明しておきますね。

まず前提として知っておきたいのは、ZOOM R8のリズムマシン機能は、MTR機能からは独立して存在しているということ。

DAWの感覚だと、任意のトラックにリズムマシン音源を挿入して、自由にリズムを編集して鳴らすことができると思い込んでしまいがちですが、R8のリズムマシンの仕組みは全く違うため、頭を切り替えて考えないと混乱してしまいます。

R8のリズムマシンの場合、リズムパターンの編集やドラムキットの変更は、リズムマシン機能上で行います。

そして、曲の中でドラム音源を鳴らしたり、1曲分のリズムパターンを作成したり、ドラムにエフェクトを掛けたい場合は、リズムマシンで編集したものを、各トラックにアサイン(割り当て)する必要があります。

リズムトラックにコンプレッサーなどのインサートエフェクトを使う方法

リズムマシンで作ったリズム(ドラム)パターンをトラックにアサインすると、他のトラックと合わせて鳴らせるようになります。

リズムトラックにはセンドエフェクト(リバーブ、コーラスなど)を掛けることができますが、コンプレッサーなどのインサートアフェクトや、EQは使えません。

ドラム音源にこういったエフェクトが使えないのはかなり不便ですよね。

しかし、対処法はあるので安心してください。

リズムマシンで作った音源にインサートエフェクトやEQを掛けられるようにするためには、リズムマシンの音源をオーディオ化してあげる必要があります。

オーディオ化するとはどういうことかというと、マイクやギター直差しで録音した音と同じ「オーディオファイル」にしてあげるということです。

そもそも、リズムマシンで作ったパターンをトラックに割り当てた状態では、リズムの音源自体はリズムマシン側で鳴っています。

オーディオ化することで初めて他のトラックと同列のオーディオトラックとなり、インサートエフェクトを掛けることができるようになるわけですね。

DAWだとここら辺を意識する必要がないため、DAWに慣れた人がR8メインで作業をしようとすると戸惑ってしまうのではないでしょうか?

最後に

R8は小さなボディに機能を詰め込んであるため、使い方が複雑になってしまっています。

しかし、これ以上操作体系を簡略化するのも難しい気がします。

慣れてしまえば手癖で使えるようになりますので、「R8を持ってるけどイマイチ活用できてない」という方は、どんどんいじり倒してみてくださいね。

DAWは凄まじく便利ですが、録音がメインなら、こういった実機を触って音楽作るのも非常に楽しいですよ。

スポンサーリンク