記事を書かない人はネットに存在しないのと同じ。まずは質より量をこなそう!

ブログ運営者は、とにかく記事を書き続けることが大切です。

記事を書かない人は、ネット上では存在していないのと一緒です。

スポンサーリンク

とにかく記事を書かないと存在を見つけてもらえない

当たり前ですが、ブログは記事を書かないことには読んでもらえませんし、ブログの存在自体も見つけてもらえません。

なので、どんどん記事を投稿していくことが一番大事です。

といっても「こんな記事でいいんだろうか?」「間違ったことを書いて非難されはしないだろうか ?」と、記事投稿に二の足を踏んでしまう経験は、誰でも1度や2度はあると思います。

特に初心者の頃はそうでしょうし、初心者ではなくても、完璧主義の人、慎重に行動する性格の人は、特にその傾向が強いのではないでしょうか?

何を隠そう、僕も完全にそういうタイプの人間です。

あれこれ考え始めてると手が止まってしまうし、なんなら1文字も書けないということもしょっちゅうありました。

でも、これじゃダメなんですよね。

とにかくコンスタントに記事を書いてネット上にリリースしていかないと、読んでもらう機会がそれだけ減ってしまいます。

ネット上に自分の言葉をどんどん出すことで、はじめてネット上に自分の存在が形成されます。

 

逆に言えば、ネット上に自分のコンテンツが何もない人は、ネットの世界に存在していない人ということになります。

多少おかしなことを言ったり、文章が破綻していても気にせず、どんどん記事を書いて投稿していきましょう。

ネット上に自分のテリトリーを広げていく感覚。

これが大事だと思います。

 

YouTuberの人たちもそうですよね。

ほとんどのYouTuberは、毎日のようにコツコツ動画を投稿していくことで、少しずつ存在が認知され、固定ファンがついていきます。

毎回毎回完璧な動画を投稿しているか?と言われるとそうではなく、クオリティにばらつきがあったり、しょうもない内容だったりすることも多々あるはず。

それでも彼らが毎日動画を投稿するのは、コンテンツの数や投稿頻度の高さの重要性が分かっているから。

おそらく投稿している本人も「しょうもない」っていうのは自覚しているはず。

というか、優れた企画で高度の編集を施した動画なんて、毎日投稿できるわけがないですよね。

「動画の質が低くても毎日投稿することを優先して、慣れてきたら余力で質を上げていく」ということを、みんな意識的・無意識的にやっているのだと思います。

スポンサーリンク

質より量?質はあとからついてくる?

よく「まずは質より量を優先しよう。質はあとからついてくる」と言われます。

個人的には、これは半分正解で半分間違いだと思っています。

というのも、量をこなせば自ずと質も上がっていくのは間違い無いのですが、ある一定の閾値(しきいち)に到達すると、量をこなし続けても質が上がらなくなるんです。

 

自転車を例にしてみましょう。

どんな人でも最初から自転車をスムーズに乗れる人はいませんよね。

補助輪を付けての練習から始まって、徐々にバランス感覚をつかんでいって、最終的に自由に乗りこなせるようになります。

ただ、普通に自転車に乗ることができるからといって、競輪選手にはなれません。

競輪選手になるためには、競輪選手になるための練習を積み上げていく必要があります。

「毎日通勤で1時間自転車を運転していれば、いつかは競輪選手並みの運転スキルが身につく」ということはありえないわけです。

まずは普通に自転車に乗れるようになる練習をしたうえで、さらに競輪選手を目指すなら、競輪選手になるための練習メニューに意識的に切り替える必要があります。

 

ブログも同じです。

ひたすら記事を量産することで、ある程度は自然に質も上がっていきますが、いずれ頭打ちがきて成長が止まってしまいます。

とはいえ、成長が止まっている実感があれば、「質を上げるにはどうすれば良いか?」を考えて、改善していけば良いだけなので、まずは「質より量」を意識して記事を書いていきましょう。

スポンサーリンク