29674240844_5b02875f3d_b

オーケストラの構成人数を覚えるには暗記するしかないの?いえいえ、理屈が分かれば簡単ですよ。

スポンサーリンク

木管楽器の本数が編成人数を表す基準となる

ひとくちにオーケストラと言っても、編成の人数は様々です。そして、それらにはちゃんと意味があります。
まず、オーケストラ編成の基本となる2管編成を理解すれば、なぜその楽曲がそういう編成になっているかという理由が自ずと分かるようになります。

 

オーケストラで使用される楽器は、大きく木管楽器金管楽器弦楽器打楽器に分けることができます。
オーケストラの編成を「○管編成」と言う時、木管楽器の本数が基準になっています。
フルートやクラリネットなどの木管楽器が2本ずつあれば、2管編成ということになります。

オーケストラの基準となる2管編成の覚え方

ということで、2管編成を覚えてみましょう。

木管楽器

4947194745_d3c6499b99_b

  • フルート (Flute) 2人
  • オーボエ (Oboe) 2人
  • クラリネット (Clarinet) 2人
  • バズーン (Basson) ※ファゴット (Fagotto)とも言う 2人

2管編成なのでそれぞれの木管楽器が2本ずつ。分かりやすいですね。

スポンサーリンク

金管楽器

30007832300_017d957904_b

  • ホルン (French Horn) 4人
  • トランペット (Trumpet) 2人
  • トロンボーン (Trombone) 3人
  • チューバ (Tuba) 1人

金管楽器も2本が基準と考えると、ホルンが2人、トロンボーンが1人多く、チューバが1人少ないですね。

 

ホルンは実態は金管楽器ですが、アンサンブル上、木管楽器の性質があります。
音質的に木管の柔らかさと金管の力強さのちょうど中間ぐらいなので、両者を上手くブレンドするような使われ方をします。

ホルン奏者は4人ですが、2人ずつ2つのパートに分かれて吹くことが多いので、ホルンAとホルンBがそれぞれ2人と覚えます。

 

3人いるトロンボーンは、通常のトロンボーン奏者2人に加えて、さらに低い音の出せるバストローンボーン奏者が1人加わることがほとんどだと覚えておきましょう。

 

そして、バストローンボーンはチューバと共同して低音域を支えるコンビ的な役割があるので、チューバを1人にしてバランスを取っていると考えられます。

弦楽器

30269710006_0df2241ac6_b

  • 第1ヴァイオリン (1st Violin) 14人
  • 第2ヴァイオリン (2nd Violin) 12人
  • ヴィオラ (Viola) 10人
  • チェロ (cello) 8人
  • コントラバス (Contrabass) 6人

第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンはどちらも同じ楽器ですが、異なった役割を担います。
ポップス系のバンドでいうと、第1ヴァイオリンがメインヴォーカルで第2ヴァイオリンはコーラス、バッキングヴォーカルといったところでしょうか。

ヴァイオリンがメインとなるメロディを演奏する際には第1ヴァイオリンが受け持ち、第2バイオリンはそれをさらに豊かに聴かせる対旋律などを演奏してサポートします。

 

各楽器ごとの人数の差ですが、一番目立たせたい第1ヴァイオリンの人数が14人と一番多く、低域の出る楽器になるにしたがって、2人ずつ減っていくと覚えれば良いかと思います。

ヴァイオリンに比べてチェロやコントラバスといった低域を支える楽器の人数が少ないのは、楽器そのもののサイズが大きいので、小人数でも必要な音量が出せるという理由もあります。

最後に

オーケストラの編成は絶対的なものではありません。必要に応じて人数が増減したり、新たな楽器が加わったりします。

基準となる2管編成の人数とその理屈を覚えておけば、4管、5管と多がかりなものでも、すぐに楽器編成が出てくるようになると思います。

スポンサーリンク