オクトパストラベラーはつまらないということが分かりみ過ぎる件。

スクエニのニンテンドースイッチ用ソフト「オクトパストラベラー」

かなり売れてるし、すでにクリアしたという人も多いのではないでしょうか?

僕もそのレトロな感じがちょっと気になってたので、ユーチューブのゲーム実況動画などでチェックしてみたのですが、

どうも、これはつまらないかもしれないぞ?

という結論に至り、購入するのをやめました。

なぜつまらなさそうと感じたのか?

その理由などをお話ししていこうと思います。

スポンサーリンク

ストーリーがつまらない

まず、オクトパストラベラーのゲーム実況動画をユーチューブで何本も見て感じたのは、

「ストーリーつまんねえ」

ってこと。

RPGにストーリー性を求めるか求めないかは人それぞれだと思いますが、オクトパストラベラーは一応主人公分のストーリーが用意されています。

ストーリーがあるなら、面白いに越したことはないですよね。

海外のRPGにありがちな、

「一応ストーリーは用意したけど、そこ大事じゃないから、自由に好きなように遊んでね」

というスタンスのゲームであればまだ良いんです。

だけど、オクトパストラベラーは割とストーリーを前面に出していますよね。

会話とかもいちいち長いくせに、全然盛り上がりどころがなくて面白くない。

つまり、魅力がないストーリーをダラダラと時間をかけて見せられるわけで、これは個人的にものすごくストレスを感じるパターンです。

しかも、綺麗なキャラグラが出てくるわけでもなく、スーファミよろしく、たまにドット絵がリアクションするだけなので、まさに人形劇レベル。

いや、そう言っちゃうと人形劇に失礼か。

ストーリーを楽しみたい派には致命的な欠点だし、ストーリーなんてどうでも良いよって人にもストレスの原因を作っています。

ゲーム性もイマイチ。自由度には期待するな。

ストーリーがダメでも、ゲーム性に優れていれば楽しむことはできます。

が、オクトパストラベラーのゲーム性は僕は評価していません。

というのも、誤解を恐れずに言うと、オクトパストラベラーのゲーム性は、スーファミ時代のRPGからほとんど進化していないんですよね。

まるでスーファミのゲームをスイッチでやってるように錯覚させられます(やってないですが)。

言い方を変えれば、スーファミのゲームをリメイクしてスイッチで新作として発売したみたいな。

これがスマホのアプリで買い切り2,000円とかなら全然許容範囲なんです(4,000円でもまだ良いかも)。

が、2018年の新作ゲームでこれはちょっと。。

「主人公が複数いて、それぞれジョブが違ってて、使えるアビリティが違う」

これだけ聞くと、ファイナルファンタジー3とか5が好きだった僕みたいな人間は、無条件にワクワクしてしまいます。

ただ、ジョブ固有のアビリティシステムがものすごく古臭いと言うか、なんの新しさも無い。

キャラクターごとにジョブは固定されているので、キャラを成長させる楽しみもない。

ジョブシステムに限らず、一見いろんな要素があって自由度が高そうだけど、じつはほぼほぼ決められたルートで遊ぶしか無いと言う、ハリボテの自由度という印象です。

もしかすると、オクトパストラベラーはすごく自由度高いと感じる人もいるかもしれません。

ですが、かつて自由度が高いと評判だった「ロマンシングサガ」シリーズに1mmの自由度も感じなかった僕にとって、オクトパストラベラーにもロマサガに近い不自由さを感じたんですね。

まあ、自由度の定義が違うのかもしれません。

僕にとって自由度が高いRPGっていうのは、「スカイリム(エルダーズ・スクロールシリーズ)」に代表されるようなゲームなので。

そこを勘違いして買ってしまうと、痛い目に合うかもしれません。

そもそも僕はスクエニのRPGと相性悪い。

スポンサーリンク

レトロなグラフィック、キャッチーな音楽は好き

色々文句を言ってきましたが、オクトパストラベラーのグラフィック&ビジュアルは好きですね。

別にドット絵信者でもレトロゲー信者でもありませんが、とても雰囲気のあるグラフィクで、芸術的なドット絵だと思います。

2D風なのに実は3D的なのも良いですよね。

また、音楽(BGM)も好きです。

オクトパストラベラーの音楽の何が良いかって、メロディーラインがはっきりしているところ。

最近のゲーム音楽は、ゴージャスなオーケストラサウンドを主体としたものが多く、それはそれで良いんですが、とても映画音楽的なんですよね。

「よく分からないけど、なんか雰囲気のある音楽が鳴ってる。」

みたいな。

要するに、雰囲気優先で掴みどころがない音楽なんです。

その点、オクトパストラベラーの音楽は輪郭がハッキリしていて、何度も耳にしているうちに自然と口ずさめるようになるはず。

そこはファミコンやスーファミ時代のゲーム音楽と共通しています。

あの時代は表現が複雑なオーケストラサウンドなんかは無理でしたからね。

好みは分かれるでしょうが、僕は輪郭のハッキリとしたゲーム音楽、サントラを買ってしまいたくなるくらいキャッチーなゲーム音楽が好きです。

メロディも何もない雰囲気を演出するだけのゲーム音楽って魅力的ですかね?

僕はそうは思いません。

まあ、メロディのない雰囲気重視の音楽の方が、ゲームへの没入感が高まる場合があるのは分かるんですけどね。

そればかりじゃつまらんだろうと。

最後に

色々批判的なことを書いてきましたが、あくまで僕個人の感想です。

「オクトパストラベラー最高に面白かった!」という人もたくさんいるので、楽しめるか楽しめないかは結局人それぞれなんですね。

なので、面白いという評判だけを聞いて「じゃあ買って遊んでみようか」というのは辞めた方が良いと思います。

僕の目にはオクトパストラベラーは「スーファミ懐古主義」的なゲームだと感じました。

少なくとも「オクトパストラベラー独自の楽しさ」というものは見つけられませんでした。

個人的にはおすすめしません。笑

スポンサーリンク