稼げる音楽ブログ作り方音楽が好きなら、やっぱ音楽だけで食べていきたいですよね。

音楽そのもので稼ぐのはもちろん、音楽をテーマにしたブログを書いて収入を得るという方法もあります。

好きなことをテーマにして書いていくので、書く作業自体が苦痛にならず、続けやすいというのもメリット。

そこで今回は、音楽ブログの作り方と具体的な稼ぎ方について、順を追ってご紹介していきます。

ちなみに当ブログは「Googleアドセンス」は利用しているものの、収益目的で作ったものではありません。

音楽について書きたいことがあったときだけ書くという、趣味ブログとして運用してきました。

ですから、当ブログからの収入は微々たるものです。

「そんなやつに稼げる音楽ブログの作り方なんて分かるの?」

と思われるかもしれませんね。

ただ、僕はこの「MUSICMAN’S RAG」以外に数百個のサイトやブログを運営しており、そこからの収入だけで生活しています。

そんな僕が実際に活用しているノウハウのひとつを、駆け足ではありますがご紹介していきます。

これからDTM、バンド、作曲、楽器の演奏といった、音楽系のブログで収入を得たいなと考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

WordPressでオリジナルのブログを作ろう

なにはともあれ、まずはブログを作る必要があります。

ブログならなんでもいいというわけではなく、「アメブロ」「FC2ブログ」「ライブドアブログ」といった無料ブログは、Googleアドセンスの審査に通りません。

Googleアドセンスの審査に通らなければ、ブログから広告収入を得ることはできないので、無料ブログではダメだということです。

そこでWordpressというサーバーインストール型の無料ブログ作成ツールを使います。

ブログを立ち上げるまでの手順はこんな感じ。

  1. サーバーをレンタル
  2. 独自ドメインを取得
  3. WordPressのインストール
  4. WordPressテーマの設置
  5. プラグインのインストールと初期設定

ここまでやってからはじめて、記事を書き始めるという感じですね。

サーバーのレンタルとドメインの取得

サーバーのレンタルとドメインの取得は「エックスサーバー 」がおすすめです。

非常に使いやすく安定しているので、僕も基本的にエックスサーバーしか使っていません。

小規模サイトを作る際に「ムームードメイン」「お名前.com」でドメインを取得することはありますが、今回はブログを作るだけなので、これらは無視してOKです。

エックスサーバーのサイトだけで、ドメインの取得からWordpressのインストールまで行うことができます。

また、エックスサーバーで契約できるレンタルサーバーのプランは

  • X10プラン
  • X20プラン
  • X30プラン

の3つがありますが、一番料金の安いX10プランで十分です。

→エックスサーバーはこちら

独自ドメインは、エックスサーバーのインフォパネルから取得できます。

ドメイン名は何でもいいですが、ブログタイトルが決まっていればそれに合わせた方が分かりやすいです。

エックスサーバーにWordPressをインストール

ここまでで、サーバーのレンタルとドメインの取得が終わりました。

次には、ドメイン内にWordpressをインストールしていきます、

とはいっても、エックスサーバーにWordpressをインストールするのはとても簡単です。

エックスサーバー自体にWordpressの自動インストール機能がついているので、Wordpressのファイルを自分でアップロードするといった面倒な作業は不要。

数回クリックするだけで簡単にWordpressを設置できます。

WordPressのインストールは、エックスサーバーのサーバーパネル内から行うことできます。

WordPressテーマをインストール

WordPressには、テーマと呼ばれるテンプレートがあります。

テーマを変えることで、ブログの見た目をガラッと変えることができますし、そのテーマにしかない独自の機能があったりします。

テーマのインストールはWordpressの管理画面から可能です。

WordPress自体にも最初からいくつかのテーマがついていますが、利便性などの観点から、他のテーマをインストールして利用した方がいいでしょう。

日本語で使えるWordpressのテーマとして人気なのは、無料のものだと「simplicity」「stinger」などが有名ですね。

有料のテーマの方が高機能ですが、最初は無料のテーマでも問題ないです。

テーマはあとで変更できますから。

ちなみに僕は賢威7というテーマを使っています。

賢威7の特徴しては

  • テーマの種類が豊富(5種×6色のバリエーション)
  • 複数ブログで使い回しOK
  • SEOに強い
  • 「SEOマニュアル」付属
  • 「コンテンツマニュアル」付属
  • カスタマイズが簡単&自由度高い

僕はたくさんのブログを運営しているので、ブログのジャンルに合わせてその都度テーマを買っていると、無駄な出費が増えてしまいます。

また、テーマによって使い勝手が大きく異なるので、混乱を防ぐためにもできるだけテーマは統一したい。

賢威は一度買えば、複数のブログで使い回すことができます。

カスタマイズも比較的簡単なので、賢威の初期状態が影も形もなくなるほど、ガラッとイメージを変えることもできます(最低限のHTMLとCSSの知識は必要ですが)。

さらに、賢威の新バージョンが出ても追加費用を払うことなく、半永久的に最新バージョンの賢威を使えるんです。

付属のマニュアルも定期的に最新版に改定されるなど、僕にとってメリットばかりなので、賢威だけを使っているというわけです。

賢威の公式サイトはこちら

とはいえ、ひとつのブログを運営していくだけなら、流行りのテーマの中から好きなものを選んで使った方がいいと思います。

WordPressにプライグインを導入しよう

DAWソフトにおけるプラグインと同じように、Wordpressにプラグインを入れることで、Wordpressの機能を拡張することができます。

無料で使えるものがほとんどですが、どのプラグインがおすすめなのかは、テーマとの相性もあるため一概に言えません。

賢威を使っている僕の場合は、どんなジャンルのブログを作るにしても、以下のプラグインはとりあえず入れるようにしています。

  • Contact Form 7(お問い合わせフォーム)
  • Google XML Sitemaps( サイトマップ作成)
  • Compress JPEG & images(画像自動圧縮)
  • Regenerate Thumbnails(サムネイル再生成)

あれこれプラグインを入れてしまうと、ブログの読み込みが遅くなってしまい良くないので、厳選したものを少量だけ入れるのがおすすめです。

記事の種類と書き方

さて、ある意味ここからがこの記事のメインコンテンツです。

稼げる音楽ブログを構築していくための考え方の部分ですね。

具体的にどんな記事を書けばいいのかというところですが、大ざっぱに

  • 集客記事
  • お悩み解決記事
  • オピニオン記事

の3つの型に分けられると考えてください。

それぞれ詳しく説明していきますね。

集客記事

文字どおり、ブログに読者(アクセス)を集めることに特化した記事です。

単にアクセスを集めるだけであれば、それほど難しくはありません。

ただ、なんとなく記事を書き続けているだけだと、アクセスは思うように伸びないので、戦略的に書いていく必要があります。

その戦略が何なのかというと、「音楽にまつわる最新の話題についての記事を書く」です。

例えば、今までマイナーな存在だったバンドが、テレビ番組のミュージックステーションに初登場!となると、それを観た大勢の視聴者がネットで検索します。

だけどマイナーなバンドなので、ネット上にはそのバンドについて書かれた記事が少ない。

要するに競合するライバルブログが弱いということ。

そのバンドの記事を人より早く書いておくことで、あなたが書いた記事がグーグルやヤフーの検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。

検索結果の上位に表示されれば、必然的なあなたのブログに多くのアクセスが集まるというわけです。

お悩み解決記事

ブログに訪れた読者が抱える悩みを、解決に導いてあげる記事です。

音楽活動をしていると、さまざまな悩みや疑問がわいてきますよね。

そんな悩みや疑問を、あなたなりのやり方で解決に導いてあげる記事を書いていきます。

もし、悩みや疑問を解決するための商品やサービスがあれば、ここで紹介することでアフィリエイト報酬につなげることもできます。

アフィリエイト報酬は、1つの成約で数千円〜というのはザラにあるので、変に人を煽るような炎上系の記事を書いて広告収入を狙うよりも、お悩み解決記事を誠実に書いていくことをおすすめします。

そうすれば、少ないアクセスでも収入はグンと上がります。

オピニオン記事

オピニオン記事は、音楽に関するあなたの主張や意見を世の中に発信する記事で、ブログのファンになってもらう役割があります。

主張や意見が強ければ強いほど、強く共感してファンになってくれる人が出てくる可能性が高くなります。

逆に主張や意見がありきたりだと、反論はされないかもしれないけど、共感してもらうことも難しくなるでしょう。

スポンサーリンク

記事テーマの選び方と書き方

1つの記事に書くのは原則1テーマです。

好きなジャンルなので書きたいことがたくさん思い浮かぶかもしれませんが、1記事1テーマに絞った方が俄然書きやすくなります。

テーマは言い換えるとキーワード。

キーワードは自分で考えても良いですが、ツールを使った方が効率が良いです。

  • キーワードプランナー
  • 関連キーワードツール
  • goodkeyword
  • Googleサジェスト
  • Yahooサジェスト
  • Yahoo虫眼鏡

これらのツールを使うと、実際に検索されている具体的なキーワードを知ることができます。

このとき注意して欲しいのが、キーワードの大きさです。

例えば、人気バンド「ONE OK ROCK」というキーワードは、多くの人が検索するビッグキーワードです。

ということは「ONE OK ROCK」というキーワードで記事を書いたところで、ライバルが強すぎて個人レベルのブログが上位表示することは不可能。

しかも「ONE OK ROCK」だと、具体的に何を書けばいいのかさっぱり分かりませんよね?

そこで、さらにキーワードを足します。

関連キーワードツールで「ONE OK ROCK」を入れてみたところ、「ONE OK ROCK 歌いやすい」という2つのキーワードが見つかりました。

これを2語キーワードといいます。

いかがでしょうか?

グッと書きやすくなったと思いませんか?

「ONE OK ROCK」+「歌いやすい」という2語キーワードで検索している人は、「ONE OK ROCKの曲で歌いやすい曲はどれか?」を知りたがっていることが容易に想像できますよね。

であるなら、ONE OK ROCKの曲で歌いやすそうな曲をリサーチして記事にしてあげればいいのです。

もしかすると、カラオケで歌おうと思ってるのかもしれません。

年齢は20歳前後?

大学生の男子?

そうやってペルソナ(人物像)をありありと想像してみると、「この記事で誰に何を伝えなければならないのか?」が明確になるはずです。

モチベーションを保つために

どの型の記事から書いても特に問題はありませんが、アクセスが来るようになるまでは「集客記事」を書いた方がモチベーションが保てます。

「お悩み解決記事」「オピニオン記事」は、いくら良い記事を書いたとしても最初はアクセスが集まりません。

書いても書いてもずっとアクセスゼロの状態が続くと、だんだんとモチベーションが下がってきます。

まずは「集客記事」を書いて、1日に数件でもアクセスが来るようになってから、「お悩み解決記事」「オピニオン記事」を書いていった方が、楽しく継続できます。

最後に

以上、かなりざっくりになりましたが、大まかな流れについてはお分かりいただけたかと思います。

説明が足りていない部分は、今後記事にしていくつもりです。

興味はあるけどまだ始めてないという方は、この機会にぜひチャレンジしてみてくださいね!