スマホ版(iOS)の「ドラゴンクエスト8」をやっとこさクリアしました。購入したのは確か3年くらい前で、途中で飽きてはまた最初からスタートしたりといったことを繰り返し、今回ようやく最後まで遊びきることができました。

せっかくなので、個人的な評価を書いておきたいと思います(iPhoneでプレイ)。

スポンサーリンク

グラフィックが魅力的

ドラゴンクエストの世界観をそのまま3Dで表現したグラフィックは、非常に魅力的です。

今はスマホアプリでもグラフィックのキレイなゲームはたくさんあるので、とりわけ「ドラクエ8」のグラフィックがズバ抜けてるというわけではありませんが、他では替えがきかない魅力がありますね。

小さなスマホの画面上ながら、世界の広さをしっかり感じ取ることができます。

動作もスムーズで、アプリが落ちたことは一度もありませんでした。

唯一、一部のムービーシーンだけ画質が荒くて違和感はありましたが、まあ取り立てて指摘するほどのことではないですね。

操作性について

GUIが良くできていて操作性は良いと感じました。

ただ、3D空間を動き回るという性質上、「キャラの移動方向」と「カメラ視点」という二つの要素を同時に操作する必要がある場合があります。

ドラクエ8

移動方向を指定するだけでも、ある程度いい感じにカメラ視点が動いてくれるのですが、移動とカメラ視点の両方を思うようにコントロールしたい場合は、両手を使って操作する必要があります。このあたり、ちょっと忙しく感じるかもしれません。

とはいえ、救済措置も用意されていて、移動を「AUTO」にすることでカメラ視点が主人公の後方固定となり、カメラ視点の操作だけであらゆる方向に移動できるようになります。スマホを片手だけで操作したい時は、とても便利な機能だと思います。

ドラクエ8

もどかしく感じる時もあるっちゃあるんですが、許容範囲ですね。むしろ、これ以上改良の余地はないんじゃないかな。

スポンサーリンク

戦闘の難易度・バランス

戦闘の難易度に関しては、個人的にはハード過ぎずヌル過ぎずといった感じで、ちょうどいい塩梅でした。割としょっちゅう死ぬし、全滅したことも数回ありました。

そういったバランス面は問題ないのですが、テンポの悪さが気になりました。戦闘時の各キャラ(敵も含む)もモーションが長めで、例えばスマホ版「ドラクエ7」のサクサク感と比べると、かなりもっさりした印象を受けてしまいます。

さらに、仲間を呼び出すリンリン、踊りを誘うグリゴンダンスのようなモンスターの存在と、そういったモンスターが一度に大量に出現することも多く、結果的に戦闘がとても長引くことが結構あります。僕が「ドラクエ8」を途中で何度も断念したのも、じつはこれが原因でした。

個人的には、この点が「ドラクエ8」の唯一にして最大の欠点ですね。

錬金釜って楽しいの?

錬金釜に関しては、期待していたものとは違いました。

もっと、アイテムをガンガン生成できるシステムなのかと思い込んでいたのですが、作れるアイテムは限られているし(といっても結構ありますが)、何より素材集めが大変。手に入る数が限られている素材、特定のモンスターしか持ってない素材(しかもなかなか落とさない)など、集めるのに結構苦労します。

正直、「これって何が楽しいの?」と思っていたのですが、この「錬金釜」という要素は、「何かと何かをかけ合わせて未知の道具を作る楽しみ」にフォーカスされているんですね。なので、錬金レシピは単なるヒントであり、ヒントを元に色々試してみる行為が楽しいわけです。

でも、一部の錬金レシピは書いてあることが抽象的過ぎて、正解を導き出すためにはお金も時間もかかりますね。それで出来上がったものがしょーもない道具だったときのガッカリ感はスゴい。まあ、それを含めて楽しめってことなんでしょう。

ストーリーはイマイチだった

正直、ストーリーはイマイチだったというか、最初から最後まで、ひたすら宿敵を追いかけ回していた印象。つまらないというわけではないけれど、あまり心に残らないといった感じでしょうか。

ただ、ゼシカ、ヤンガス、ククールといった仲間キャラの個性が立っていて、キャラ固有のイベントや、キャ同士のやりとりは楽しめました。そういう意味で、「仲間と一緒に冒険している感」は強く出ていますね。

ドラクエ8

会話システムは、仲間キャラから主人公への一方通行ではなく、仲間同士の掛け合いも楽しめます。

スキルはなるべく1点集中型で

それまでの転職システムと入れ替わるようにして登場した「スキルシステム」。

転職システムも面白かったのですが、キャラが没個性化してしまいがちなのが難点でした。今回スキルを導入することで、よりキャラの個性を際立たせながら成長させることができるようになっています。

スキル固有の特技がたくさんあるため、ついつい「あれもこれも」と強化したくなってしまいますが、ある程度は特化型にするつもりでスキルポイントを割り振っていかないと、あとあと厳しくなってしまいます。

例えば、主人公キャラでいえば最初は「ヤリ」のスキルを最大レベルにすることを目指し、2周目は「剣」のスキルを強化する、といった遊び方が良いかもしれません。つまり、何周か遊ぶこと前提ですね。まあ、「同じゲームは1周しかやらないよ」って人は、バランスよく上げていっても良いと思いますが、総プレイ時間は長くなってしまうかも。

まとめ

「ドラクエ8」はスマホアプリとしては2,800円と高額ですが、ボリュームがあるし「錬金釜」や「カジノ」「スキル」といったやりこみ要素も豊富なので、少なくとも価格分は楽しめるかと思います。

気になってる方は、ぜひ遊んでみてください。

スポンサーリンク