「カフェインを口にすると眠れない」とはよく言われていますよね。

ただ、中にはコーヒーなどでカフェインを摂取しても、普通に眠れてしまう人もいます。

そんな人は「カフェインで眠れないというのは嘘だ!」と言いたくなるでしょう。

でもこれって大間違いで、カフェインを摂取して眠気が吹き飛ぶのは科学的に証明されているのです。

スポンサーリンク

カフェインで眠れなくなるのは科学的に証明されている

カフェインを摂取すると眠れなくなるというのは、科学的に証明されているとお伝えしましたが、具体的にどういうことか少しだけ詳しくご説明しましょう。

まず、人間は起きた瞬間から「眠りたいという欲求」が脳の中に蓄積されていきます。

この「眠りたい欲求」の実態は「アデノシン」という化学物質です。

アデノシンは人が起きている間は常に増え続ける一方で、睡眠をとらない限りは減ることはありません。

ただし、体内にアデノシンがあれば即眠気を感じるというわけでもありません。

人が眠気を感じ始めるのは、目が覚めてから12〜16時間経ったころです。

このくらいの時間が経過すると、体内のアデノシンの量がある程度蓄積されています。

そこで、アデノシンが脳内の受容体というところに向けて「そろそろ眠って体を回復させなさい!」という命令を出します。

これによって人は眠気に襲われるのです。

アデノシンが一定量を超えると、脳の受容体に向けて「眠れ」という指令を出す。

これが、人が自然と眠くなるメカニズムです。

しかし、ここでカフェインが登場すると話は変わってきます。

なんと、カフェインはアデノシンが受容体に向けて発令する指示をシャットアウトすることができるのです!

アデノシンの命令が脳の受容体に届かなければ、人は眠気を感じることができません。

つまり、体内にカフェインがあると眠くならない。

これが「カフェインを取ると眠気が覚める」の理由です。

ただし、いくらカフェインがアデノシンの命令をブロックしても、アデノシンの量自体がが減ることはありません。

受動態へ続く道をカフェインで通せんぼしているだけで、アデノシンの量自体は睡眠で解消しない限り増え続けます。

これは科学的に実証されている事実です。

スポンサーリンク

でも、就寝前にコーヒーを飲んでも眠れる人がいる理由

夕方とか寝る前にコーヒーなどでカフェインを摂取しても、夜になるとぐっすり眠れる人がいるのもこれまた事実。

僕も朝夕問わず日常的にコーヒーを飲んでいます。

就寝1時間前に飲むこともありますが、目が冴えて眠れないということはほとんど経験がありません。

これは体質の違いによるものだそうです。

具体的に言うと、体質的にカフェインを素早く分解できる人もいるのです。

ただし、この体質をもったひとはごく一部しかおらず、多くの人には当てはまりません。

普通の人だと、カフェインの効果が最大になるのはカフェインを摂取してから30分後で、効果が半分になるまで5〜7時間かかると言われています。

半分になるまでそれくらいの時間がかかるわけですから、カフェインの効果がまったく無になるまでは、もっと長い時間が必要になりますよね。

お昼休みに飲んだたった1杯のコーヒーが、夜の12時頃にも体に残って睡眠に影響するのです。

まとめ

最後にまとめると、コーヒーなどでカフェインを摂取することで眠気が吹き飛ぶということは科学的に証明されています。

ただし例外的に、カフェインを体内で素早く分解できる人もいる。

こういった人は、コーヒーを飲んでもあまり睡眠に影響がないということです。

今回のお話は、以下の書籍を参考にしました。

睡眠で悩んでいる人、日中に倦怠感がある人などをぜひ一読されることをおすすめします。

いかに睡眠が大切かを思い知らされます。

スポンサーリンク