僕は自分ではあまり集中力が無い方だと思っていました。「集中力の高め方」みたいな本を読んで、集中力を上げるテクニックみたいなものを色々試してみたりしましたが、最終的に一つの結論にたどり着きました。

 

集中力なんてものはこの世に存在しないのだと。

集中力とはただの概念であり高いも低いもない

そもそも集中力ってなんなんでしょう?僕は定義づけされた言葉の概念を知りたくなったとき、英語だったら何と表現するかを調べることが多いです。

 

英語に訳すことが難しい日本語ってあるじゃないですか。例えば「肩こり」は日本人にはめちゃめちゃ馴染み深い言葉で、肩こりに悩んでる人は老若男女問わず多いと思うんですが、実は「肩こり」という症状を表す英語って存在しないらしいんです。

 

「肩こり」という概念自体がないので、英語圏では「肩こり」に悩む人は居ないそうです。だからおそらく肩こり専用の治療薬やクリニックも存在しないでしょうし、日本の「肩こり」市場みたいなものも無いはず。「肩こり」という概念があるからこそ、みんな「肩こり」に悩むとも言えますよね。

 

で、英語では集中力のことを「concentration」と言うそうです。英語でも集中力という概念はあるんですね。でも僕は集中力という概念は要らないんじゃないかって思うんです。

 

「集中力が高い」「集中力がない」などという言い方がありますが、この表現ってなんか違和感あるんですよね。考えてみて欲しいんですが、自分で「今の自分、めっちゃ集中力高いな」とか「今日の俺は気が散るから集中力20%くらい」などと段階付けして考えるでしょうか?

 

少なくとも僕の場合はそんなことはなくて、集中してるか集中してないか、オンかオフかのどちらかなんですよね。集中してる状態はいわゆる「ランナーズハイ」に似たもので、集中の度合いを自分で測ることもなく目の前のことを夢中でやってる状態。

 

たまに「今スイッチ入ってるな」と自分を俯瞰した視点で見てニヤつくことはあるけど、基本的には時間を忘れるほど目の前のことに夢中。だから、集中力は高い低いの度合いじゃなくて、オンかオフで考えるべき。

とりあえず始めれば自動的に集中できる

何かに集中したければ、とりあえず始めてみることが大事です。物事に真剣に向き合ってるといつの間にか集中してる。集中することってそういうことだと思います。

 

映画とかもそうで、最初っから集中して見てる人はほとんどいないと思うんです。興味を惹かれて自然と集中してしまって、いつの間にか2時間とか過ぎてしまう。

 

だから、四の五の言わずに真剣にやれば勝手に集中するんですよ。

スポンサーリンク

素早く集中するには自分ではなく環境を変える

集中力を高めようとするのは無意味です。だって集中力なんてないのだから。とりあえずやるべきことを始めてしまえば自ずと集中できます。

 

集中力がないと嘆いてる人でも、一旦スイッチが入ってしまえばいつの間にか自然と集中できているはず。問題は集中力ではなくて、物事を始める意思が弱いこと。

 

周囲に気が散るものが多過ぎるせいで、なかなか目の前の作業に取りかかれないということはよくあります。

 

カフェにパソコンを持ち込んで仕事すると作業が捗るなんて言いますが、別にカフェに行かなくても自分の部屋を集中できる環境にしてしまえばいいんです。

 

ある程度人の話し声が聞こえた方が集中できるという人もいますが、僕は人の声が聞こえると話の内容が気になって気が散ってしまうタイプなので、カフェでの作業はあまり効率は良くないです。ざわざわしまくってるマクドナルドとかでパソコン作業できる人が羨ましい。

 

集中できる環境作りのポイントは、いかに誘惑を減らすかにつきます。僕は何年か前にテレビを捨てたんですけどこれが結構効果的で、時間は増えるわ気が散らないわで良いことしかないのでおすすめです。

 

作業しながらでも音楽くらいは聴けるかなと思いましたが、そもそも音楽好きなので聴き入ってしまってダメでした。単純作業の時は音楽かけてても大丈夫ですけどね。

 

かといって完全無音でも気が散るんですよね、困ったことに。無音の中から突発的な人の話し声とか車が通る音とか、自分がコントロールできない音が聴こえると気が散りやすいようで。
一定の周期性のある音は気が散らないということが分かったので、空気清浄機の風量を強くしてちょっとした騒音を作り出しています。

 

あとYoutubeは手強いです。一度見始めると延々と見続けてしまう恐れがあるので、これは自分の意思の力で必要なコンテンツ以外絶対見ないようにするしかありません(笑)

集中力がないと自覚できている分だけマシ

何度も書いたように、集中力という概念はないと考えた方がいいです。自分のことを集中力がないと自覚していて悩んでいる人は身の周りから誘惑を排除し、やるべきことしか目に入らないような環境を作り出しさえすれば、自ずと集中できるようになりますよ。

 

特に視界に入る物を重点的に整理することをおすすめします。例えば漫画が目に入るとどうしても読みたくなって手が伸びてしまうから紙の漫画は捨ててKindleで読むようにするとか、CDを見ると音楽を聴きたくなってしまうからCDを捨ててApple Musicでしか聴かないようにするとか。

 

僕は現にそうしてますし、これだけでも随分と効果ありますよ。