33debc9d78990af434a49e594a0ba7ba_s

オーケストラに関する記事を書いていきますが、一気に詰め込みすぎると解りづらいので、小出しにしていきます。

 

オーケストラで使用される主要な楽器の種類

大きく分けて木管楽器、金管楽器、打楽器、弦楽器の4種類があります。
それぞれの主な楽器は次のとおり。

木管楽器

  • ピッコロ
  • フルート
  • オーボエ
  • イングリッシュ・ホルン
  • クラリネット
  • バズーン(ファゴット)
  • コントラバズーン(コントラファゴット)
  • ホルン

色々種類があって難しく見えますが、実は簡単。

フルートはいわゆる横笛ですね。

フルートと同じ演奏方法で1オクターブ高い音域が出せるのがピッコロ。

オーボエはダブルリード式の木管楽器で、オーボエよりも低い音域を出せるのがイングリッシュホルン(フレンチホルンとは関係ない)。

クラリネットは音域が広い。

ホルンは金管楽器でありながら、演奏の性質上、木管楽器にカテゴライズされることが多い。

 

金管楽器

  • トランペット
  • トロンボーン
  • チューバ

トランペットはいわゆるラッパ。

トランペットより音域が低く、スライドして音を出す仕組みのトロンボーン。

金管楽器で一番低音域を受け持つチューバは比較的新しい楽器。

打楽器

  • ティンパニ
  • スネアドラム
  • バスドラム
  • シンバル

ここは特に説明は不要だと思います。ティンパニは明確な音程を持った打楽器。

弦楽器

  • バイオリン
  • ヴィオラ
  • チェロ
  • コントラバス

全てバイオリン系。大きさは違うけれど、構造的にもほとんど一緒と考えて間違いない。

バイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの順に、出せる音域が低くなっていきます。

 

これらをとっかかりにして、クラシックの理解を深めていけるような記事を書いていけたらと思います。