Wavesのプラグイン、Vocal Riderを購入しました。

ボーカルを録音して波形を見てみると、やっぱり音の大小(ダイナミックレンジ)の幅が広くて、特に大人しく歌うところとシャウトなんかしたりする部分が混同しているような曲だと、それが顕著です。

スクリーンショット 2015-12-28 20.59.10

 

ボーカルの波形を複数に分割して音量を揃えたり、チャンネルのボリュームフェーダーのオートメーションを細かく書いたりすればいいのですが、時間もかかるし非常に面倒。

 

そんな時に持ってこいなのがこのVocal Rider

スクリーンショット 2015-12-28 20.52.55

ボーカルの音量が大きすぎるところはフェーダーを下げ、小さすぎるところは上げるという、それこそ昔は曲を流しながらリアルタイムに手作業でやってた「手コンプ」ってやつを自動でこなしてくれます。

 

大雑把に言うと、ボーカルトラックのダイナミクス調整はVocal Riderの後にコンプレッサーを掛ければOKみたいな感じになりました。
面倒で時間のかかる作業から解放されるので、非常にオススメできるプラグインですね。

 

ただいまセール中なので安く購入できました。
Waves Vocal Rider