テンキーがないキーボードでDTM

僕はiMacとMacBook AirでStudio One 3を使っていますが、どちらもテンキーが付いていません。
テンキー付きの純正キーボード、もしくは市販のUSB接続のテンキーなどを購入して使うことも考えましたが、MacBook AirのUSBポートを塞いでしまうことなどの理由で、現在はテンキー無しで使っています。

Studio Oneのショートカットキーをカスタマイズする

Studio One 3にプリセットしてあるショートカットキーを基本に、いくつかのキーをカスタマイズしています。

Studio One 3のショートカットキーの変更は、Studio Oneメニューの”キーボードショートカット”から行います。

スクリーンショット 2015-11-11 0.12.37

例えば、録音は” :“に設定。
ほとんどのDAWでテンキーの”*“(アスタリスク)が録音に設定されているので、SHIFTキーと同時押しで入力可能な”*”が印字してある”:”のキーを録音ボタンにしました。

 

早送りが”>”、巻き戻しは”<“に設定。
これは以前使っていたLogicに倣ったものです。視覚的にもわかりやすい。
これにSHIFTキーと同時押しを組み合わせて、小節単位での早送りと巻き戻しができるように設定しています。

 

DAWを使いこなすためには、いかにショートカットを自分のものに出来るかがポイントです。
最初は何をするにもワンクッション以上必要だったのが、慣れればかなり直感的に、ある意味でほとんど無意識的に使えるようになります。

 

自分が使いやすいようにどんどんカスタマイズしましょう。