喉だけを使って歌う弊害

お腹を使わずに喉だけで歌うと、ピッチ(音程感)が不安定になりやすいです。
また、声の大きさ(声量)を喉だけで稼ごうとすると、すぐにキンキンとした耳障りの悪い音になり、喉を痛める原因にもなります。

 

極端に歌が下手な人の多くは、喉だけで一生懸命歌っているイメージがあります。

 

普段、人と会話する際は喉だけで発声していても問題はないのですが、歌うことはすなわち声を楽器として使うということですので、体全体を最大限に活用して表現していくのが理想です。

 

お腹から声を出す感覚を身につけると、量感のある太い声から細い声まで使い分けることが可能になりますし、ロックっぽいシャウトなども簡単に出せるようになります。
また、歌うことそのものが楽になります。

 

お腹から声を出す具体的な方法

「お腹から声を出す」というのが少し抽象的で分かりづらいという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで、簡単にお腹から声が出せる方法をお教えします。

 

鼻歌のような小声で結構ですので、お好きな曲を口ずさんでみてください。

次に、そのまま歌いながらお腹の筋肉に力を入れてみてください。

 

最初は喉の奥の方から声が出ているような感覚があるはずですが、お腹の筋肉に力を入れると、声の出ているポイントが体内の重心の低い位置に下がるのが分かるかと思います。
また、喉が開いて口から吐き出される空気の量が増加していることがお気付きでしょう。

 

これがお腹から声を出すということです。
腹筋に力を入れて歌えば、自ずとお腹から声を出す腹式発声法になります。

 

喉だけで歌っている人は、発声時にあまり息を吐き出してないので、息苦しそうに歌います。

 

腹式発声法で歌う人は、発声と同時に多くの空気を吐き出すので、ブレスの部分でも大きく空気を吸い込むことになり、それが実に生き生きとしたヴォーカルの演出につながります。

 

また、お腹を起点に体全体で声を響かせて歌うので、豊かな音量感が出てきます。

 

もし、「お腹を意識して歌うことなんて気にしたことなかったよ」という人は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

最初は腹筋が筋肉痛になりますが、それでOKです。
筋トレの代わりにもなりますよ。