45ca20ab019b5f259a01a86fbedeec29_s

知ってるとアレンジに役立つ裏コードのお勉強。

裏コードとはなんぞや?

一言で表すと、
コードを構成する音のうち、3rdの音と7thの音が入れ替わっているセブンスコード

 

例えばキーがCメジャーのダイアトニック・スケールにおいて、ドミナントセブンスである”G7″がセブンスコードです。

このG7の3rdと7thの音が入れ替わった形で構成されているセブンスコードが、G7の裏コードということになります。

裏コードはドミナントセブンスの代理として利用できます。

それではG7のコードの構成音を見てみましょう。

ちょっと見づらいですが、、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-06-16-49-09

G7は4和音で構成されていて、コードのルート音であるGから3度ずつ堆積しています。

  • 1st (root) G(ソ)
  • 3rd B(シ)
  • 5th D(レ)
  • 7th F(ファ)

G7の3rdの音はB(シ)、7thの音がF(ファ)です。

3rdの音と7thの音が逆ということはつまり、

3rdがF(ファ)、7thがB(シ)の音を持ったセブンスコードがG7の裏コードです。

裏コードの探し方

結論から言うと、G7の裏コードはD♭7です。

そのダイアトニックコードのキーの半音上の音をルートとしたセブンスコードが裏コードに当たります。今回はキーがCなので、半音上のD♭に7thを付加したものがD♭7ですね。

 

5度圏(サイクル・オブ・フィフス)を見ると、Gのちょうど真向かいにD♭があります。これが裏コードという名前の由来だそうです。

コード進行での具体的な使い方

ダイアトニック上のコードだけを使ったコード進行は単調になりやすく(それが悪いというわけではないです)、転調やモーダル・インターチェンジなどの理屈でコード進行をアレンジしていくことをリハーモナイズと言ったりします。

 

裏コードはドミナントセブンスと入れ替えるだけなので、取り入れやすいですね。
基本形は次のようになります。

例1)
<元のコード進行>

C-F-G7-C

<ドミナントセブンスを裏コードで代理したコード進行>

C-F-D♭-C

 

例2)
<元のコード進行>

C-F-G7-C

<G7にドミナントモーションする”セカンダリドミナントD7”を前に挿入>

C-F-D7-G7-C

<そして、このD7を裏コードでA♭7で代理>

C-F-A♭7-G7-C

最後に

単純にドミナントセブンスを裏コードに置き換える以外にも、他のテクニックとの組み合わせでいろんなコード進行のパターンが考えらるので、試してみるのも面白いですね。