ビートルズの凄さを挙げ始めるとキリがないですが、その斬新なコード進行もよく取り上げられますよね。

奇をてらったような変なコード進行なら誰でも作れるかもしれませんが、それをみんなが口づさみたくなるようなポップソングとして成立させてしまえるのが凄いところだと思います。

今回分析するのはポール・マッカートニー作の「Good Day Sunshine」(アルバム「リボルバー」収録)。

各パートのコード進行はシンプルだけど


コードEのみを使った短いイントロの後、すぐ「Good Day Sunshine〜」と歌うサビ(コーラス)が来ます。

(イントロ) E
(サビ) B →F#→ B→ F#→ E→ E7

 

この部分のコード進行について考えてみます。

歌に入ると、この曲のキーがBであることが分かります。

キーがBの場合のダイアトニックコードを度数表記(ディグリーネーム)で確認しておきましょう。

B C#m D#m E F# G#m  A#m(♭5)

 

イントロがずっとEなので、キーはEだと錯覚しがちですが、続くサビがBのダイアトニックコードに逸脱せずに沿っているので、イントロ→サビのつながりは「Ⅳ(E)→Ⅰ(B)」、いわゆるアーメン進行だと解釈するのが自然でしょうか。

ここまではわかりやすいですよね。

 

問題は次です。

サビの終わりのコードE7に続けて「I need to laugh〜」から始まるAメロというか平歌というか、洋楽的に言うところのヴァースの部分。

A →F#7→ B7→ E→ A

というコード進行。

キーがAに転調しました。

サビの終わりのE7からヴァースの始まりのAという進行はドミナントモーションとなっています。

Aのダイアトニックコードも確認しておきましょう。

A Bm C#m D E F#m G#m(♭5)

 

度数表記に当てはめるとこうなります。

Ⅰ(A) →Ⅵ(F#7)→ Ⅱ(B7)→ Ⅴ(E)→Ⅰ (A)

F#7だけはF#mがメジャー化したノンダイアトニックですが、俗にイチロクニーゴーなどと言われる、よくあるコード進行。

つまり、ヴァースとサビ、それぞれ単体でのコード進行には特に変なところはありません。

ヴァースとサビで強引に転調を繰り返す

ヴァースのキーはBであるのに対し、サビのキーはA。

Good Day Sunshineはヴァースとサビのコード進行を何度も繰り返す曲構成になっているので、その度に転調を繰り返すことになります。

頻繁な転調のおかげで、ポップで親しみやすい曲でありながら、どこか落ち着かない、不安定さを醸し出しているのがこの曲の魅力の一つではないでしょうか。

仮に、最初のサビのBのキーから転調しないままヴァースに入るとしたらコードは進行こうなります。

あえて転調しない改変版Good Day Sunshine

(イントロ) E

(サビ) B→F#→B→F#→E→E7

(ヴァース) B→G#7→C#7→F#→B (以下、サビとヴァースを繰り返す)

必然的にメロディラインも全音分上がります。

実際にこのコード進行で歌ってみると、ヴァースのメロディが結構高いところまで行くので、単純に歌いやすいようにヴァースだけ強引にキーを下げたのかもしれません。

でも、転調してた方がなんかオシャレで素敵です。

まとめ

ポップスの作り方を勉強するのにビートルズはうってつけの素材だと思います。

流行りの曲を解析するのもいいですが、まずはビートルズをじっくり研究してみる方が手早く得るものも多いかもしれません。

短い曲にいろんな手法がシンプルにギュッと凝縮されてる気がします。