最近VRがアツいようですね。
VR=ヴァーチャル・リアリティという言葉は昔からありましたが、最近では個人レベルで誰でも楽しめると言っても過言ではない時代になりました(って聞いた)。

今年2016年はVR元年と言われてるらしいですが、テレビを所有していないので、良くも悪くも自分から取りに行かない情報はあまり入ってこない。

 

3D映画といえば、映画館で専用のグラスを掛けて観ることによって、映像に奥行きが感じられたり、目の前に物体が迫ってくる感覚を超リアルに体験することが可能で、アバターなどが特に有名ですよね。

 

今回取り上げるVRとは、3D表現に加えて自分の周りを360度見渡せる映像です。
しかもスマホさえあれば、数千円の出費で体験可能!

スマホでVR動画を鑑賞するのに必要なもの

スマホを持ってる方は、VR映像を観るためのグラスを用意するだけでOK。
安価なものだとレンズ部分以外はほとんど段ボール製のこういうのがあります。

Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ 3d Vrメガネ 組み立て式 NFCタグとベルト付き
ただし、段ボール製ということですぐ壊しそうなので、僕はamazonのレビューで評価の高いプラスチック筐体のこれを買いました。価格差は千円ちょっと。

 

 

TEPOINN社製、ヘッドマウントタイプの3Dメガネ

DSCF1232

 

左右と上部のツマミでピントを調整可能

DSCF1235

 

顔に当たる部分が人工皮革でつけ心地がいい

DSCF1234

 

スマホ(iPhone 6s Plus)を装着したところ

DSCF1236

 

この製品を含め、このジャンルの製品は中国製ばかりなんですが、価格を考えると作りや質感がよく、見た目もなかなかカッコいいです。

 

ちなみに100均一とかで材料を揃えれば、格安で自作することも可能みたい(面倒なのでやりませんが)。

音楽系のVR動画に期待が高まる WITHIN 「U2-Song For Someone」

VR動画は、専用の動画アプリだったりYoutubeでも数多く配信されています。
このブログは音楽がテーマですので、音楽のVR動画をひとつ。

 

WITHINというスマホ用のアプリでは、高画質なVR動画がいくつか用意されており、ストリームかダウンロードで鑑賞出来ます。

この中の一つに「U2-Song For Someone」というVR動画作品があります(ちなみに他の動画もいくつか観ましたが、総じて趣向を凝らしてあり高品質でした)。

 

IMG_0560

内容は実際に観ていただくしかないのですが、U2のメンバーが自分の周りをぐるっと囲んで自身の「Song For Someone」演奏するシーンから始まり、そのままニューヨークやタイ、バルセロナなどの世界各地の様々な場所で現地の人がリレー形式で歌ったり演奏します。

 

ダウンロードは数百MBなんだけど、なんだか妙に時間がかかるような。。

IMG_0559

 

面白いのは、撮影場所によって楽器も民族楽器などに変わっていくことと、自分が向いている方向によって音が聴こえる方向も変わること。
ヴォーカルが左側から聴こえてきて、そちらを顔を向けるとちゃんとそこでボノが歌ってたり。

 

こんなん見せられると、否が応でも音楽系VR動画の未来へ期待が膨らみます。
いろんな可能性が秘められてますね、これは。

 

というか、スマホと3Dメガネだし、もうちょっとショボいのかと思ってました。

 

画質はめちゃめちゃ綺麗というわけではないけれど、それなりにちゃんと観れるし、遠近感や立体感といったものは映画館で見る3D映画のそれとほとんど変わらない。
しかも全方位見渡せて感動しかないです。

 

YoutubeにもVR動画が豊富にあって、自然系とかはやっぱ相性いい。

 

ちなみに僕が買ったTEPOINNの3Dメガネですが、amazonで購入する際に色を選択する部分で、「改良版」という製品が選べます。
価格が少し高くなりカラーもブラックのみですが、こちらの方がよりおすすめです。
今回購入したのも「改良版」の方です。