若干ややこしい音楽の強弱記号を一気に覚えちゃおう。

音の強弱を表す記号

音楽の強弱記号を分かりやすくまとめてみます。
まずは割と馴染みのある基本的な強弱記号。
下に向かうにつれて強くなります。

  • ppp (pianississsimo) ピアニッシシモ できるだけ弱く
  • pp (pianissimo) ピアニッシモ ごく弱く
  • p (piano) ピアノ 弱く
  • mp (mezzo piano) メゾ・ピアノやや弱く
  • mf (mezzo forte)メゾ・フォルテ やや強く
  • f (forte) フォルテ 強く
  • ff (fortissimo) フォルテッシモ ごく強く
  • fff (fortississimo) フォルテッシシモ できるだけ強く

基本的に、指示があった時点以降の音すべてに適用されます。

覚え方としては、pianoが弱くforteが強くで、語尾のssimoは”ごく”、ssissimoだと”できるだけ”を表します。

mezzoは「やや」という表現が一般的ですが、mezzo pianoのやや弱くとpianoの弱くでは、どっちが弱いか分かりづらいので、mezzoは「気持ち」と言い換えた方が今っぽくて分かりやすいかも。
pianoとforteの間にmezzoが挟まれる形です。

特定の音の一時的な強調を表す記号

特定の音の強さを変化させたい場合に使われる記号です。

 

たくさんありますが、呼び方が違うだけでとりあえずは全部同じ「特に強く」という意味だと覚えて良いと思います。

forzato(フォルツァート)系

ニュアンス的には、その音価の長さの真ん中部分を一番強く演奏する感じみたい。

  • sfz(sforzando) スフォルツァンド
  • sf (sforzato) スフォルツァート
  • fz (forzato) フォルツァート
  • rfz (rinforzando) リンフォルツァント
  • rf (rinforzato) リンフォルツァート

アクセント

その音の頭の発音部分を一番強く演奏する感じ。

  • >
  • ^ (音符の上に表記する場合)
  • v (音符の下に表記する場合)

音の強弱の変化を表す記号

時間軸に沿って音の強弱を変化させていく記号です。
文字による表記と図形による表記があります。

  • cresc. (crescendo) クレッシェンド だんだん強く [ 図形 cresc ]
  • decresc. (decrescendo) デクレッシェンド  だんだん弱く [ 図形 decresc ]
  • dim. (diminuendo) ディミヌエンド だんだん弱く

最後に

ご紹介した記号をさらに細かいニュアンスで指定するために、poco a poco(少しずつ)molto(非常に)などの言葉を組み合わせることも多いです。

だだし、非常に数が多いうえに使用頻度もまちまちなので、その都度覚えれば良いと思います。

とりあえずは、ここで取り上げた記号は押さえておきたいですね。