チャーチ・モードは難しくない

チャーチ・モード(教会旋法)というと難しく聞こえるかもしれませんが、考え方としてはメジャースケール、マイナースケールと同じなので、それが分かってさえいれば、あとは覚えるだけです。

チャーチ・モードは以下の7種類

  • アイオニアン・スケール (メジャー・スケール)
  • ドリアン・スケール
  • フジリアン・スケール
  • リディアン・スケール
  • ミクソリディアン・スケール
  • エオリアン・スケール (マイナー・スケール)
  • ロクリアン・スケール

ご覧のとおり、アイオニアン・スケールはメジャー・スケールと全く同じもので、エオリアン・スケールとマイナー・スケールも同様です。
呼び方が違うだけです。

メジャー・スケールは明るい音階、マイナー・スケールは暗い(悲しい)音階というのはご存知だと思いますが、その他にも違った印象を持った音階が5つあるということです。

忘れがちな大前提を確認

本題に入る前に大事なことを一つ。

五線譜で「ドレミファソラシド」を表記するとすごくシンプルです。

スクリーンショット 2016-06-24 23.19.08

 

これだけを見ると単純に音符が一定の間隔で並んでいるのですが、実際のピアノの鍵盤と照らし合わせてみると、、、

スクリーンショット 2016-06-24 23.48.45

 

「ミとファ」、「シと(オクターブ上の)ド」の間は黒鍵が無い半音の関係になっています。

ドからスタートして白鍵のみを順にドレミファソラシドと弾くと、誰もが知っている音階、Cメジャー・スケールすなわちアイオニアン・スケールです。

次に、ラからスタートでラシドレミファソラと弾くと、暗い響きのマイナー・スケール、すなわちエオリアン・スケールとなります。

このように、ピアノの白鍵だけを使い、どの音からスタートするかによって音階の印象が違ってきます。

なぜなら、半音になっている音同士の位置関係が変わってくるから。

ここで、「どうして黒鍵は使わないのか?」という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、とりあえず西洋音楽とはそういうものだと思っててください(笑)
後で説明しますが、移調する際に音階の調整役として必要となります。

白鍵はドレミファソラシの7種類があるので、モードも7種類。
五線譜で見てみましょう。

7種類のチャーチモード

(ドはじまり) アイオニアン・スケール (メジャー・スケール)

スクリーンショット 2016-06-24 23.19.08

(レはじまり) ドリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.20.37

(ミはじまり)フジリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.20.57

(ファはじまり) リディアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.21.17

(ソはじまり) ミクソリディアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.21.35

(ラはじまり) エオリアン・スケール (マイナー・スケール)

スクリーンショット 2016-06-24 23.21.56

(シはじまり) ロクリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.22.17

 

実際に鍵盤楽器で弾いてみて、音階の雰囲気を掴んでみましょう。
民族音楽ぽかったり、不思議な感じがしたりと、スケールによって受ける印象が違うと思います。

チャーチモードの覚え方

覚え方は各スケールの頭の文字をとって

アドフリミエロ
口に出しやすいので、10回も唱えれば覚えれますよね。

以上が各スケールの概要です。
そんなに難しくはないですよね。

Cに移調するとスケールの特徴が見えてくる

少しややこしくなるのが移調ですが、これもメジャー・スケールやマイナー・スケールを移調する時と全く一緒。

ここでは、すべてのスケールをドから始まるCスケールで見てみましょう。

 

Cアイオニアン・スケール (Cメジャー・スケール)

スクリーンショット 2016-06-24 23.33.04

Cドリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.33.36

Cフジリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.34.04

Cリディアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.34.27

Cミクソリディアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.34.52

Cエオリアン・スケール (Cマイナー・スケール)

スクリーンショット 2016-06-24 23.39.27

Cロクリアン・スケール

スクリーンショット 2016-06-24 23.35.54

 

こうやって全てをCのスケールに移調して五線譜を見ると、基本であるCアイオニアン・スケール(Cメジャー・スケール)と比べて、どの音が半音高く(#)なってたり低く(♭)なってたりするかが分かりやすい。

 

丸暗記してしまうと楽ですね。

ミクソリディアンの参考曲

物すごい分かりやすい使い方をしてるのがビートルズのTomorrow Never Knows

コードがほぼC7のみのCミクソリディアン・スケールで作られてます。

 

これらのスケールを知識として覚えていると、作曲で確信的に用いることができるので、ぜひ覚えてみてください。