見た目は本格派、中身はチャラい

Real Drumは、指でタップして演奏するiOS対応のドラムのアプリ。
今回ご紹介するのは無料版です。

写真はRock Kit。

IMG_0462

iOSのApple GarageBandのような”タップする位置でベロシティが変わる”というような機能はありません。

つまり、ベロシティは固定です。

設定画面でAdvanced touch zoneをONにすることによって、タップする位置によって音色を変えられます。

IMG_0469

 

音色が違う部分が色分けして表示されます。

IMG_0470

 

スネアは黄緑がヘッドショット、ピンクがクローズドリムショット。

ハイハットはピンクがオープン、黄色はボウですがスティックを平行にして広い範囲で叩いたような音で、青はゆるいクローズ。

左側のクラッシュシンバルはピンクが明るいクラッシュ、紫がダークなクラッシュ。

右側のライドシンバルは黄色がボウでピンクがカップ(かなり厚みのあるライドの音)。

有名曲に合わせて指ドラムで遊ぶのがなかなか楽しい

このアプリの特徴は、有名な楽曲からドラムを抜いた音源に合わせて演奏できることです。

収録曲は画像の5曲(偏ってる)。

もちろんオリジナルアーティストの演奏ではないですが、すごい似せてきてて笑えます(フレディw)。

IMG_0471

 

あまり弄る必要は無いと思うけど、一応音量ミキサーがついてます。

IMG_0461

収録ドラムキット

キットは最初に紹介したROCK KITと以下を合わせて5種類。

JAZZ KIT

IMG_0463

 

DANCE KIT

IMG_0464

 

ELECTRONIC

IMG_0466

 

ETHNIC

IMG_0465

 

なんか来るそうです。期待しちゃう。

IMG_0467