パソコンで音楽制作をする人は、普通のマウスじゃなくてトラックボールを使ってる人がとても多いですよね。

僕は全く使ったことがなかったんですが、DTMとの相性良さは間違いなさそうなので買ってみることにしました。

これまではiMacに付属のMagic Mouseを使っていて、特に不便を感じていなかったのですが、

実際にトラックボールを使ってみるとなるほど、普通のマウスと比べると明らかに快適です。

トラックボールを使った後にマウスを使うと腕への負担をかなり感じます。

定番のケンジントン Expert Mouseを購入

購入したのはケンジントンのExpert Mouse。

長い間親しまれてきた製品らしいのですが、最近になってBlutoothやUSBレシーバー搭載で無線での利用が可能なワイヤレスのタイプが発売されたので、こちらの方を選びました。

DSCF1107

なかなかの存在感です。

デザイン的には後発のSlim Blade Trackballの方が断然好きなんですが、ワイヤレスのものがまだ出てないのと、ボタンをクリックした時の押し下す感触が場所によって違うのを聴いたので、Expert Mouseの方にしました。

前の有線モデルとはカラーリングが違うものの、形は全く同じようです。

付属のパームレストをつけたところ

DSCF1106

これがあるのとないのとじゃ全然違う。
マウス使ってると手首が机に当たってスレたりするんですけど、このパームレストは弾力感があり、非常に好きです。

 

設置したところ

DSCF1108

鍵盤の向こう側にキーボードとマウスを設置していて、画像のような段差ができてるんですが、そこにちょうどパームレストがいい具合に噛んでくれて、若干腕を伸ばさないと手が届かない位置ながらも、操作感は悪くないです。

肝心のExpert Mouseの使い心地は

Apple Magic MouseからExpert Mouseに変えたわけですが、実際に使ってみた感想としてはDTM用途であれば断然Expert Mouseの方が使い心地から操作性まで上ですね。

特に、ドラッグ&ドロップを多用するStudio Oneとはとても相性が良いと思います。

ただMagic Mouseの強みは指先でスワイプ操作などができること。ネットサーフィンなどはMagic Mouseの方がやりやすいです。

画面のスクロールについても、Magic Mouseは指先でチョチョイのチョイですが、Expert Mouseの場合はボールの周のリングをグルグルと回す必要があり、これが精度が良いとはお世辞にも言えないので少しストレスです。

前述のSlim Bladeはリングではなくボールをつまみの要領で回すことによってスクロール操作が可能ということで羨ましい。

 

ちなみに、購入当日にボールを落としてしまい、1mm程度凹んでしまいました。

こいつのせいで、操作中に時々ガクッと引っかかります。

完全に自分の不注意ですが、ネットで調べてみると送料のみ負担で無償交換してくれたという情報があったので、メールで問い合わせてみます。

うっかり保証書を捨ててしまったので、無理かもしれませんが淡く期待。

買い直すには高価すぎるよ。。