ドビュッシー(1862-1918 フランス)

スクリーンショット 2016-04-14 11.59.19

次のサティと仲が良かった。
日本の映画「さよならドビュッシー」は名作です。

牧神の午後への前奏曲

サティ (1866-1925 フランス)

スクリーンショット 2016-04-14 11.58.24

ドビュッシー、ラヴェルなどと並ぶ「フランス印象派」の代表格。
変わった人だったそうですよ。

ジブノペディ第1番

メジャーセブンスが印象的な、どこか地に足がつかないような、ふんわりとした素敵な曲です。

ラヴェル (1875-1937 フランス)

スクリーンショット 2016-04-15 21.52.19

フランス人の作曲家が続きます。
ロマン派編で紹介したムソルグスキーの「展覧会の絵」をオーケストラ用に編曲した人です。
別名「音の魔術師」。

ボレロ

ゲルギエフの指揮で。

バルトーク (1881-1945 ハンガリー)

スクリーンショット 2016-04-14 12.02.24

名前からしてインパクトあるけど、曲もカッコいいのが多い。
没後43年を経た1988年、ハンガリーで国葬が営まれている。

管弦楽のための協奏曲

ストラヴィンスキー (1882-1971 ロシア)

スクリーンショット 2016-04-14 11.56.31

僕が特に好きな作曲家。

1971年没なので、ビートルズの解散まで見届けていることになります。

「火の鳥」「ペトリューシュカ」「春の祭典」の、三大バレエ音楽が特に有名。

ペトリューシュカ

「火の鳥」「春の祭典」は割と厳かに始まるが、この「ペトリューシュカ」は初っ端から賑やか。この部分を目覚まし代わりに聴くのが好き。

ロドリーゴ (1901-1999 スペイン)

スクリーンショット 2016-04-14 12.04.48

20世紀を丸ごとそのまま生きた、盲目の作曲家。
写真もカラー!

アランフェス協奏曲

スパニッシュギターで始まるギター協奏曲なので、オーケストラに疎くても入りやすいかも。

ハチャトゥリアン (1903-1978 ソ連)

スクリーンショット 2016-04-14 12.00.36

10ccのグレアム・グルードマンに似てるw

剣の舞


この曲もお馴染でですね。
ストリングスが裏打ちで大変そう。

ショスタコーヴィチ (1906-1975 ソ連)

スクリーンショット 2016-04-14 12.04.08

交響曲が勢いを失っていた20世紀において、ショスタコーヴィチは15曲もの交響曲を書いた。
マツコデラックスが好きだと言ってました。

交響曲第5番「革命」

緊迫感がありますね。

まとめ

もうこの辺になると、完全に全時代の音楽って感じがしませんね。
現代の映画やドラマなどの劇伴として使われるような音楽です。

クラシックにあまり詳しくないので、しばらく探求してみたいと思います。