だいぶ期間が空きましたが、Studio Oneの付属エフェクトの使い方シリーズ。

今回は、Mixtoolを取り上げます。

スクリーンショット 2015-10-02 22.10.34

 

 

 

 

 

メインフェーダーの前でGainを稼ぐ

Mixtoolの使い方といっても、僕が多用するのはこれだけです。

Studio One 3で曲を作り始める前に、僕は各チャンネルのフェーダーを-10dBほど下げます。

クリップを防止する為です。

最後にミックスでバランスを作った後、そのままだと全体的な音量が不足していることが多い

ので、メインフェーダーの前にMixtoolをインサートして、マスターボリュームが赤くクリッ

プしない程度にGainをあげてやります。

 

各チャンネルの音量を同じだけ上げても良いんですが、音量のオートメーションを書いてたり

するので、マスターのMixtoolで一気にやっちゃった方が楽です。

 

Gainが調整出来るエフェクトであれば、別にMixtoolでなくても良いんですけどね。

 

DCオフセットの除去

マイクなどで録音した音の波形の中心が、0の位置からズレている状態を

「DCオフセット」と言います。

これに関してはそのうち詳しく記事にしたいと思います。

 

MS処理での利用

マスタリング時にMixtoolを使ってMS処理をすることができます。

これに関しても、別の記事で詳しく解説するつもりです。

まとめ

マスターチャンネルに必ずこのMixtoolをインサートしていますね。

テンプレートとして組み込んでおいても良いのではないでしょうか。