僕が一番好きなドラマーリヴォン・ヘルム(Levon Helm)。ザ・バンド(The Band)のドラマーであり、シンガーでもあるリヴォン・ヘルムは、ザ・バンドにおいてドラムを叩きながらリードヴォーカルをとることも多い、歌って叩けるドラマーです。

決してめちゃめちゃテクニックのあるドラマーというわけではないけれど、彼のドラミングスタイルでしか表現できないような、独特のフィーリングがあるんですね。

そんなリヴォンのドラムをリスペクトしている有名ドラマーも多く、有名どころではスティーヴ・ジョーダン(Steve Jordan)、ジム・ケルトナー(Jim Keltner)、日本のドラマーでは沼澤尚さんや吉田たかしさんなどがリヴォンの大ファンであることを公言されてます。あの超有名ドラマー バディ・リッチ(Buddy Rich)もリヴォンのドラムが大好きだったとか。

もっともっとリヴォンのドラムを聴きたいのに、日本語ではあまり情報がない!ザ・バンドやソロ活動のみならず、他のアーティストの楽曲にもドラマーとして参加しているんですが、がっつり探してみると思ってたより結構ありました。

そこで今回は、リヴォンがドラムで参加している他アーティストのアルバムや楽曲をご紹介していきます。

リヴォン・ヘルムがドラムで参加した他アーティストのアルバム&楽曲

マディ・ウォーターズ・ウッドストックアルバム/マディ・ウォーターズ (1975)

ザ・バンドのメンバーと共に全曲参加。ロック色の強いダイナミックな演奏がしびれます。

リンゴ・スター/リンゴ・スター (1970)

ザ・バンドメンバーと共にSunshine Life For Meに参加。

フィールズ・ライク・ホーム/ノラ・ジョーンズ (2004)

What Am I To You?に参加。

ジェシ・ウィンチェスター/Jesse Winchester (1975)

最近聴き始めました。ジャケットの印象ほど暗くはないです。笑

永遠の絆 vol.2/ニッティ・グリッティ・ダート・バンド (1989)

未聴。

ラント/トッド・ラングレン (1970)

ワンスバーンド(Once Burned)に参加。

プラネット・ウェイブス/ボブ・ディラン (1974)

バックバンドとしてザ・バンドのメンバーと共に全曲参加。ボブ・ディランのアルバムとしてはかなり親しみやすいので、ディラン入門にもおすすめ。

ボビーチャールズ/ボビーチャールズ(1972)

ザ・バンドメンバーと共に全編にわたって参加。ソングライティング、演奏共にとても良いです。

Spend it All (feat/levon helm)/Bow Thayer (2006)

全編にわたって参加。

ジョン・サイモンズ・アルバム/ジョン・サイモン (1970)

ザ・バンドのメンバーと共にほとんどの曲に参加。

スリー/ジャッキー・ロマックス (1972)

アルバム3曲目のHellfire, Night-Criarに参加。ベースはザ・バンドのリック・ダンコ。

最後に

今回ご紹介したのはスタジオアルバムだけなので、ライブアルバムや映像作品も含めると、もっとたくさんあります。

しかし、こうやって書き出してみると、案外少ないですね。というか、本当はもっとあるんですけど、急には思い出せないんですよね(笑)思い出したらその都度追記していくつもりです。

僕と同じようにリヴォンの音源を探している人のお役に立てたら嬉しいです。こんなのにも参加してるよってのがあれば、ぜひコメント欄で教えてくださいね。