AEROSUMITHの綴りは「アエロスミス」で覚えました。
友達と福岡ドーム(当時)に観に行ったのが懐かしいです。
どうも、僕です。

今回紹介するのは、エアロスミスのドラマー「ジョーイ・クレイマー」の演奏を収録したドラムループ集です。

ファンキーなロックドラムループ集

EAST WESTのPLAY専用です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-12-15-19

 

もともとは2002年にCD2枚組で発売されたものを、サンプラー音源化されたもののようです。
収録内容自体は全く同じだと思いますが、PLAYの画面でマルチマイクのバランスを弄れるようになったのは良いですね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-12-18-03

ただのループ音源なので、デフォルトのBPMから変更したい場合は、いったんオーディオ化してタイムストレッチをかける必要があります。

 

34曲分を収録。
それぞれヴァース、フィル、コーラスなど複数のループを切り替えられます。
エアロスミスの特定の曲をもじった名前がついてるけど、聴いた感じ、ドラムパターン的にはそんなに関連なさそう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-23-35-43

「直線的な8ビートのハイハット」など、随所にジョーイ・クレイマーらしさが感じられます(当たり前)。
逆に、ちょっとハネたファンキーなニュアンスもこれまたジョーイの持ち味。

手軽にエアロっぽいドラムが欲しいならいいんじゃないでしょうか。