iPhoneの最新機種、iPhone 6sが発表されましたね。
Androidy端末と違ってカスタマイズ性は低いものの、インストールしているアプリは十人十色だと思います。

では、iPhoneを使っているミュージシャンやDTMerは、はたしてどんなアプリをインストールして、どのように音楽活動に生かしているのか?
結構気になるところです。

音楽活動にiPhoneのポテンシャルをバリバリ発揮させてるよって人もいれば、なんの変哲も無い普通の使い方をしてる人もいるでしょう。
僕は音楽関連のアプリを沢山入れてハードに使っているというわけでは無いですが、それなりに恩恵に預かっています。

音楽関連のiPhoneアプリでは使用頻度の高いのが2つありまして、ひとつはMetronome+というアプリです。

読んで字のごとくメトロノームのアプリなんですが、iPhoneのメトロノームアプリって沢山あるんですよね。
色々取っ替え引っ替え使ってみましたが、Metronome+が一番使いやすかったです。
拍子やBPMの変更、設定が直感的に操作できて、曲ごとに保存しておけて呼び出しも簡単。
主にドラムの演奏やライブでのテンポ確認で使用しています。

IMG_0748

 もうひとつのアプリは演奏したい曲のギターのコード進行の確認に便利なUltimate Guitar Tabsです。

おなじみ、インターネットサイトUltimate-Guitar.comのアプリバージョンですね。
アプリを介して閲覧するので、ブラウザーよりもはるかに見やすいですし、ご丁寧にコードの押さえ方まで表示されます。
メトロノームもあるし、表示した楽曲がiPhoneのミュージックに入っていれば、アプリ上で直接再生出来てしまうという気の効いた機能も。
IMG_0749

 GarageBandみたいなiPhoneで使えるDAWソフト的なものもいくつか出てますが、ちまちまして好きじゃないので、思いついたメロディなどのアイデアは純正の「音声メモ」に直接録音しちゃってます(結局面倒で聞き返さないことも多いのですが^^;)。
こうやって改めて考えてみると、僕はあまり音楽系のアプリを活用してませんね。
でも、iPhoneの基本機能であるカレンダーやリマインダー、メモなどはiMac、MacBook Airと同期させながら使ってるので、やっぱりiPhoneから離れられそうにありません。