ブログが続かない原因って、意外とブログ自体のデザインにあると思うんです。

 

例えばアメブロは無料で使えるのはメリットですが、見た目のカスタマイズ性はほとんどないですよね。
ただつらつらと書き綴るだけ。

 

ブログにこだわれる部分があればあるほど愛着も湧くってもんです。

 

WordPressを使えばテーマが選べたりカスタマイズができますが、画像はフリー素材から引っ張ってくる場合も多いかと思います。
でも、極力画像も自分で用意した方がオリジナリティは出ますよね。

 

だから、ブログ書く人は一眼カメラを持ってた方がより楽しめるはず。

 

画像、写真は勝手に説明してくれる

文字だけで何かを正確に伝えることはなかなか難しくて、伝えたいことを完璧に文章にしたと自分では思っていても、相手がどう受け取るかは相手次第。
「本当に伝えたいことは書き方を変えて3回以上書かないと読み手には伝わらない」と言う有名な作家もいます。

 

小説における風景や人物の描写とか顕著ですよね。
「ピシッとしたスーツをスマートに着こなした身なりの良い白髪の老紳士」という説明では、100人居れば100通りの老紳士像が脳裏に浮かんでいるはず。
かといって逆に描写が細か過ぎると分かりにくい(小説は読者の経験に基づく人物像を思い描いて楽しむものなので、描写はある程度曖昧な方がいいのですが)。

 

文章でゴチャゴチャ説明するよりも写真やイラストがあれば一発で読み手に伝わるし、1000文字の文章で説明しないといけないことでも写真を1枚見せるだけで相手に正確に伝えることができたりします。

 

文章より写真やイラストの方が人の目を引きやすいですし、そういった意味でも写真をガンガン使っていった方が良いですね。

スマホのカメラはただの記録

いくら最近のスマホのカメラ機能が向上してきているといっても、そもそもレンズが小さいので基本的に歪んで写るし、画質的にもあまり綺麗じゃないですよね。
単なる記録写真として撮影する分にはそれで全然良いと思うんですが、自分で見たまんまの感じをずっと綺麗に残したいなら一眼カメラを使いたいところです。

 

特にブログの写真は読者に見てもらうものなので綺麗であることにに越したことはないし、ブログ自体のデザインにも関わってきます。
僕もブログのデザインにもっとこだわりたいので、これからちょくちょく直していきますが(現状、色々ヤバい)。

一眼カメラと良いところ

僕が使っているカメラはFUJIFILMのミラーレス一眼です。
X-A2という機種で、FUJIFILMのミラーレス一眼カメラとしては一世代前のエントリー機になります。

オリンパスやキャノン、ニコンなど他の大手メーカーの同価格帯のミラーレス一眼に比べて、FUJIFILMのエントリーモデルは暗い場所での感度の良さ、出てくる画像の発色の美しさに定評があります。フィルムメーカーとしての強みですね。

 

ここでFJIFILM X-A2で撮影した写真を幾つかご紹介します。

 

とあるライブスペースにて

 

 

インコのペーパークラフト

 

鍵とドラムのチューニングキー

 

井の頭公園の井の頭弁財天

 

君の名は?

 

夜の公園のベンチ

 

スマホと同じような感覚で撮影した何気ない光景でも、一眼だとすごく絵になります。
どうせブログに載せるならいい写真を使いたいですよね。
僕がYoutubeに出してる動画もほぼこのX-A2の動画撮影機能で録画しています。

 

 

無料で使える「写真AC」とか「ぱくたそ」は楽で良いんですけど、究極的には全て自前で用意できたらもっと楽しいですね。