CDを所有することに場所も集中力も奪われていた

みなさんはCDを何枚くらいお持ちでしょうか?

沢山のCDを所有していても、頻繁に聴くのはある程度限られてくるのではないでしょうか?

僕はもう何年も聴いてないCDがあります。

 

「昔好きだった」

「いつかちゃんと聴くつもり」

 

そういった理由で、聴いてないけど所有してるCDって、みなさん少なからずあるのではないで

しょうか?

僕にとっては、それはもう単なるコレクション。

保管場所も必要だし、CDが目に止まるたびに「いつか聴かなきゃ」って思っちゃうんです。

場所だけじゃなく、集中力までも奪われてました。

 

アップルミュージックを音楽鑑賞のメインにした結果

 

アップルミュージックを数日間試してみて、僕はCDを処分することにしました。

多くは思い入れのあるアーティストのCDだったので、手放すことに躊躇がありました。

 

 

でも僕は音楽そのものが好きなのであって、CDという物体には本当は愛着なんて無かったんですね。

ただ、いつでも聴けるようにCDを手元に置いていただけで。

 

 

アップルミュージックはストリーミング再生に加えて、iPhoneやiMacといった端末に

ダウンロード保存が可能なんです。

アップルミュージック導入以前も、僕の音楽鑑賞のメイン媒体はiPhoneになっていたので、

それほど違和感のない音楽生活を送れています。

むしろ、いちいちCDをリッピングしたり、パソコンと同期する必要もなくなったので

より快適になりました。

 

 

アップルミュージックの不満 アルバムの歯抜け

当初は挙動不審でバグの多かったアップルミュージックですが、

先日iOS9にバージョンアップされたことで、かなり改善しました(現時点のバージョンはiOS9.0.1)。

 

 

といっても、まだ不満なところがあります。

その最たるものは、アップルミュージックで聴くことができるアーティストであっても、

その全てのアルバムが網羅されてるわけではないということです。

 

 

レコード会社の違いによるものなのかどうかはわかりませんが、

とにかく、聴くことが出来ない歯抜けしたアルバムが結構あるんです。

 

 

これには困りました。

アップルミュージックに登録のあるアーティストだからとCDを手放した後に、

一部のアルバムが存在しないって気がつくわけですから。

 

まとめ

 

歯抜けしたアルバムの補完さえされれば、僕的には大きな不満は無くなります。

あとは、海外アーティスト名がカタカナで表記されるってのもありましたね。

しかも英語表記と混同して存在してたりするし。

 

 

アップルミュージックで聴くことができないCDだけは現在も所有していますが、

部屋すっきり片付いてので、心まで軽くなったような爽快感を味わってます。

モノ(CD)にとらわれないって良いですよ。

本当に自分が好きな音楽を再確認できるし。

 

 

上に記したデメリットを注意して頂きつつ、ぜひ皆さんにもアップルミュージックを

楽しんでいただきたいなあと思います。