Apple Musicのおかげで充実した音楽鑑賞生活が続いてます。http://musicmans-rag.com/
好みのアーティストや音楽に出会えた時の、世界が違って見えるほどの喜びは、音楽好きの方ならお分かりいただけるんじゃないでしょうか。

Apple Musicは音楽をストリーミング再生して聴くサービスだと思ってらっしゃる方もいらっしゃるようですが、端末にダウンロードすることも可能です。
オフラインでも好きな時に何回でも聴けるのでめちゃめちゃイイです。
曲中での巻き戻しや早送りなども快適。

ただ、このダウンロードのシステム周りがちょっと分かり辛いんですよね。

ダウンロードしたアルバム、曲の扱い方の違い

自分のライブラリである「マイミュージック」に追加した音楽の中で、オフラインで聴けるようにダウンロードしたものについては、下の画像のようにマークが表示されます。

IMG_0747

例えば、上の画像のようにアルバム全体と2曲目を「オフライン再生可能」にした状態で、アルバムのダウンロードを削除しても、2曲目のダウンロードは保持されます。

何度も聴きそうな曲はあらかじめダウンロードした方がパケットの節約になりますから、
僕は気になった曲は基本的にアルバム毎まるっとダウンロードします。
iPhoneの容量が少なくなってアルバムを削除せざるを得ない場合に、どうしても端末に保存しておきたい曲だけを曲単位で保存するなどして運用しています。

あるいは、お気に入りの曲をプレイリストに集めて、そのプレイリストを「オフライン再生可能」にすれば、アルバムのダウンロードを削除しちゃっても安心ですね。
まあ、Wi-Fiがあればすぐにまたダウンロード出来るのでそれほど深刻な話でも無いのですが。

ちなみに、アルバム単位、曲単位で「オフライン再生可能」が被ってたとしても、実際にダウンロードされる曲のファイルは単一あり、重複はしません。

たまに同じ曲が2曲づつダウンロードされちゃったりしますけど、あれは不具合なのでしょうか?
ともあれ、無料期間が過ぎて正式に課金サービスが始まるまでには色々改善されるでしょうね。