88鍵のMIDキーボード、M-AudioのKEYSTATION 88を購入しました。

DSCF1070

以前こちらの記事で購入を迷ってましたが、ついに手に入れました。

KEYSTATION 88を使った感想

ピアノの練習ができる

88鍵はアコースティックピアノと同じ鍵盤の数。

 

音域や音色を変えるたび、キースイッチを操作したい時、鍵盤の数が少ないといちいちオクターブの切り替えが必要で非常にわずらしいんですが、ようやく解放されました。

言うまでもなくこれは最大のメリット。

加えて、88鍵なのでピアノの練習もできちゃうのが、個人的にはもう一つの大きなメリットです。

もちろん、本物のピアノとは弾いた時のタッチがまるで違いますが、KEYSTATION 88の鍵盤には適度な重さ(セミ・ウェイテッド)があり、これとサスティーンペダルを併用することで、軽すぎる鍵盤にはないフィーリングを得ることは可能です。

Amazonで同時購入を勧められたサスティーンペダルとキーボードスタンドも一緒に購入しました。

DSCF1076

実は、あと1万円くらい足せばYAMAHAのP-45bという電子ピアノが買えました。

YAMAHA ヤマハ Pシリーズ 電子ピアノ ブラック P-45B

 

本物の打鍵感に近い象牙調仕上げのGH(グレードハンマー)鍵盤だし、音も内蔵されているというメリットがあるのですが、打ち込み用途にはちょっとまどろっこしい気がしたので、割り切ってKEYSTATION 88を選びました。

さらに1万円上乗せすると、1ランク上の音色と機能を持ったYAMAHA P-115が買えてしまうので、電子ピアノは電子ピアノとして用意した方がいいかなと。

YAMAHA ヤマハ Pシリーズ 電子ピアノ ブラック P-115B

 

(余談ですが、P-45とP115を店頭で弾き比べしましたが、音源自体P-115の方が良くて、ベロシティレイヤーも多かった。スピーカーからの出音も空間の広がりが感じられました。)

 

スポンサーリンク

質感も悪くない

実物を見ずに注文したKEYSTATION 88。質感が心配だったのですが、全然悪くないですね。
以前のモデルはカラーがシルバーだったんですけど、ブラックのがシックで好きです。

 

DSCF1074

クオリティを求めると、お値段も比例して跳ね上がります。2万円台で買える88鍵仕様のMIDIキーボードがこのクオリティ。普通に素晴らしいと思います。

 

置き場所の確保が一番の問題だ

88鍵なので、本物のピアノとほとんど同じくらい横幅があります。
僕の環境だと、KEYSTATION 88をそのまま机に乗せると両端が飛び出し収まりません。

 

同じ机で書き物をしたり、本やMacBook Airを広げたいし、そもそもピアノとして弾くには机の上だと位置が高すぎます。
別途、キーボードスタンドに乗せることにしました。

 

机に対して右側に直角になるように置くのがベストでした。

DSCF1078

机の前に置くのが一番弾きやすいが、キーボードやマウスが遠くなるし書き物ができない。

 

左側に置くと右手でマウスを操作しながら左手でキーボードで音色確認ができて、行動導線としてはベストなんだけど、ギターを持った時にヘッドが当たって邪魔。

 

ということでこの位置に落ち着きました。
音色選びの時に両手がクロスしますけどね。

0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_s

 

実際に使い込んでみて気がついたことがあれば、また記事にしようかと思います。

買ったもの↓。